英語講座

06_english
english01

 

日本語において相当の論理力を身に着けたうえで、第二言語として英語を学習する我々の学習法は、ネイティブのそれとはまったく異なります。英文法の体系を(日本語との対比において)きちんと認識し、その中に個々の知識を落とし込んでいく。いわば知識の整理棚を作ったうえで知識を増やしていくことになります。ただやみくもに覚えるだけというのでは辛くて、効率が悪く、いざ使う段になってもその知識をどう使っていいのかわからなくなります。

このように英文法の体系を把握したうえで肝心の英文の読解力を身に付けていくのですが、リデアでは、英文の読解とは、その英文がただ日本語になったというだけではなく、その英文(あるいはその日本語訳)が、何を言いたいのかについての徹した認識のレベルにまで到達して、初めてその英文が本当に読めたと考えます。大学入試における英語力とは、その半分は国語力なのです。